任意整理のやり方を学んでうまく借金と付き合う方法

saimuseiri01

債務整理にはいくつかの種類がありますが、今回は
その中でも任意整理について考えていきます。

まず任意整理とはどのようなものか。

やり方としては、裁判所を通さずに、債権者と債務者との間で
直接交渉をおこない、債務の減額をおこなうことです。

しかし、法的な機関を通しておりませんので、債権者が
応じてくれない可能性もあります。

ですから、弁護士や、法務大臣から代理権を与えられた
認定司法書士などに代理人となってもらうのがよいでしょう。

その際には、弁護士や認定司法書士に依頼するのですから、
これらの費用がいくらになるのかも計算に入れて行ってください。

そして各債権者と交渉が成立した場合には、今後の金利がなくなり、
払わなくてよいはずの利息の還付を受ける場合などがあります。

その後、合意内容にそった支払いを毎月滞り無く行っていき、
完済を目指します。

その際に発生した弁護士や認定司法書士の料金の支払いも、
分割払いなどで同時に返済していくのがよいでしょう。

しかし、任意整理後に再度ローンなどの借入を検討した場合には、
ある程度の条件があります。

条件としては、完済後の自分の信用情報を、信用情報機関などで
確認することが重要です。

任意整理の場合は、ブラックリストにのることになります。

ですから、これがなくなるまで、おそらく
ローンや借り入れをするのは不可能です。

しかし、いつからローンが組めるようになるのかが気になります。

現実には5年から7年ほどの期間を得れば、ブラックリストから外れ、
再度ローンが組めるようになることもあります。

まとめとして、任意整理は信用情報的には自己破産と同じ扱いに
なる場合もありますので、利用する場合は、弁護士などに
よく相談したうえでの利用が望ましいです。



一押し記事一覧