債務整理の種類とその方法とは?

saimuseiri04借りては返すの自転車操業で膨れ上がった借金を整理し、
借金を減らすためのチャンスを掴むために行うのが「債務整理」です。

債務整理には大きく分けて、
「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つの方法があり、
借金の額などによって整理方法も異なってきます。

●任意整理

借金を返済する気持ちはあるけど、全額の返済は難しい場合には、
任意による借金の整理、債権者と債務者が話し合うことで
借金を軽くすることができる方法です。

裁判所という公的機関を通さず、
借金を整理し、月々の利息や支払額の軽減を
話し合いで交渉し、借金を減らします。

ほとんどの場合、債権者の話し合いは、
弁護士や司法書士に委任する形になります。

●民事再生

自宅を手放すことなく、借金を整理したい場合には、
民事再生が有効です。

継続した収入が見込める方や、
住宅ローン以外の借金が5千万円以下の場合には、
手続きもそう難しくない「小規模民事再生」に該当します。

簡単な手続きで借金を整理することができます。

住宅ローン以外の借金を除く、借金の5分の1を平均として
3年以内に返済してしまう方法で、借金がかなり圧縮されます。

●自己破産

一番有名な債務整理方法ですが、
もう自分では返済できないほどの債務を自己破産することで、
免責してしまう方法です。

自宅や株・土地・貴金属・車などの資産類は、
全部手放すことになりますが、
今までの借金の苦労からは解放されます。

裁判所に破産申し立てを行うことで
借金は免責されますが、そのために弁護士などに支払う費用などで
平均30万円程度の金額がかかります。

連帯保証人の借金は帳消しにはなりませんので、
手続きをする前には十分に考える必要があります。



一押し記事一覧