任意整理は債務整理の中でも一番簡易に借金解決できる手段です

saimuseiri10
任意整理は、破産宣告や個人再生のように
裁判所を仲介しない借金解決の方法で、債務整理の中でも、
デメリットを被るのが一番少ない手段でもあります。

任意整理の特徴は、借金返済が滞った債務者、
又は代理の弁護士・司法書士が、
借入先の貸金業者と直接交渉します。

借入当時の利息カットと元本の減額を求め、
月々マイペースに返済していけるよう、
約3年の分割払いに緩和する方法です。

また、任意整理は破産宣告とは違って、
借金の返済義務はそのまま負っていく事になるので、
定期収入がある人しか適用されない債務整理になります。

他にも任意整理するのに相応しい人というのは、
貸金業法が大きく改正される前に、高い上限金利で
借入返済していた履歴がある人です。

2010年以前から、消費者金融や信販系のキャッシング業者で
債務を抱えていた場合は、今の利息制限法に当時の金利を引き直す事で、
返すべき元金が減ったり、過払金が生じる可能性があります。

更に任意整理は、借金問題に強い弁護士や
司法書士に依頼する
事で、貸金業者からの度重なる
返済の督促もストップさせる事もできます。

債務者にとって、精神的な不安を取り除ける
前向きな借金解決法と言えます。

任意整理を弁護士に依頼する時の費用は、
借入業者1社ごとに見積もる形式になり、
抱えているローンを全て整理する必要がありません。

また、法律事務所によっては、減額金額に応じた
報酬金が上乗せされて請求される事もあります。

直ぐに資金を用意できなくても、分割払いや後払いなどで
依頼者の事情を考えて支払い方法も考慮してくれます。

任意整理は、個人再生や破産宣告のように
大切な資産を差し出す事なく、唯一裁判所外で
借金を解決できるのが最大のメリット

1人で悩んでいる人は、法律事務所の無料相談に早く訪れて、
弁護士から適切なアドバイスを受けるのがベストな選択です。



一押し記事一覧