債務整理における任意整理という選択肢

cashing17債務整理には、大きく分けて三つの手続きがあります。

一つ目は「自己破産」

裁判所に免責を許可してもらえれば、
借金の返済義務が無くなります。

ただし、財産の大部分は処分されてしまいますので、
家などは失うことになります。

二つ目は「民事再生」

継続して収入を得られる見込みがある場合に、
選ばれることが多いです。

こちらは財産を没収されず、
借金を分割で返済することになります。

この時支払う金額は、本来の借金総額よりは
少なくなります。

ただし、個人の場合は債務総額が5千万円以下で、
原則的に3年以内で返済可能な場合、
という条件があります。

三つ目は「任意整理」

ここまでは、裁判所の判断が必要な方法でしたが、
これには不要です。

この手続きでは、弁護士や司法書士が貸金業者と交渉をします。

その結果、金利が高すぎたなら、その分借金総額を減額してもらい、
可能なら金利0%での分割払いにしてもらう、という方法です。

どの程度減額されるか、支払い期間をどうするか、
などは法律で決められているわけではないため、
交渉次第ということになります。

それでも、ある程度の相場はありますから、
自己破産のように支払う額が
ゼロになったりするわけではありません。

しかし、極端な減額を望んでいない場合は、
有効な方法です。

自己破産は、裁判所が絡むために手続きがいろいろと
面倒ですし、失う物も大きいです。

生活が崩壊しておらず、仕事で定期的な収入が
得られる場合には、デメリットの多い自己破産よりも、
任意整理を考えてみましょう。

1位 街角法律相談所

借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を比較できます。


借金の悩み・・・誰に相談していいのかわからない。いきなり法律事務所に電話をするのも恐いし・・・。そんな方のために。まずは匿名無料相談。24時間 相談受付中!無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。

こんな方にお勧め!!

  • クレジットカードの返済が苦しくなってきた方
  • ショッピングで浪費して、限界になってきた方
  • 事業の経営がうまくいかず、借金が増えるばかりの方

2位 RESTA法律事務所

借金のご返済。あなたにも必ず解決方法があります!


専門家の助けがない限り、ご自身で借金をどのように整理すればよいかは分からないのが普通です。そのため、世の中には、支払いが到底困難な借金に頭を抱える生活を送っていたり、支払う必要のない借金を支払い続けている方がたくさん存在しています。

こんな方にお勧め!!

  • キャッシングの枠がない!他の審査も通らない! もう借りられない!
  • ずーーっと返済をしているのに、 借金が全然減らない!
  • 自己破産をしたくない! 住宅を残して整理したい!

3位 樋口総合法律事務所

借金の解決方法は必ずあります!樋口総合法律事務所にお任せください

家族に借金を知られたくない・・・手持ちがなく、弁護士費用が用意できない・・・等のお悩みがあっても大丈夫です!様々な事情、経済状況、要望をしっかり聞いたうえで、あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!まずは無料相談までご連絡ください!

こんな方にお勧め!!

  • 債務整理・借金の相談窓口、樋口総合法律事務所です。
  • 24h借金に関する無料相談を受け付けています。
  • 全国対応で、初期費用も¥0なので、お手持ちがなくても安心してご相談頂けます。


コラム記事一覧


記事保管所

任意整理のやり方を学んでうまく借金と付き合う方法

saimuseiri01

債務整理にはいくつかの種類がありますが、今回は
その中でも任意整理について考えていきます。

まず任意整理とはどのようなものか。

やり方としては、裁判所を通さずに、債権者と債務者との間で
直接交渉をおこない、債務の減額をおこなうことです。

しかし、法的な機関を通しておりませんので、債権者が
応じてくれない可能性もあります。

ですから、弁護士や、法務大臣から代理権を与えられた
認定司法書士などに代理人となってもらうのがよいでしょう。

その際には、弁護士や認定司法書士に依頼するのですから、
これらの費用がいくらになるのかも計算に入れて行ってください。

そして各債権者と交渉が成立した場合には、今後の金利がなくなり、
払わなくてよいはずの利息の還付を受ける場合などがあります。

その後、合意内容にそった支払いを毎月滞り無く行っていき、
完済を目指します。

その際に発生した弁護士や認定司法書士の料金の支払いも、
分割払いなどで同時に返済していくのがよいでしょう。

しかし、任意整理後に再度ローンなどの借入を検討した場合には、
ある程度の条件があります。

条件としては、完済後の自分の信用情報を、信用情報機関などで
確認することが重要です。

任意整理の場合は、ブラックリストにのることになります。

ですから、これがなくなるまで、おそらく
ローンや借り入れをするのは不可能です。

しかし、いつからローンが組めるようになるのかが気になります。

現実には5年から7年ほどの期間を得れば、ブラックリストから外れ、
再度ローンが組めるようになることもあります。

まとめとして、任意整理は信用情報的には自己破産と同じ扱いに
なる場合もありますので、利用する場合は、弁護士などに
よく相談したうえでの利用が望ましいです。

債務整理のなかで最もハードルの低い任意整理

saimuseiri06
債務整理というと、原則として一定の価値以上の
財産を処分しなければならない、
自己破産を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、債務整理には、自己破産以外にも
3つの方法が用意
されています。

債務の金額や、経済的な状況などに応じて、
段階的に債務の軽減を図ることが
できるようになっています。

その4つの債務整理のなかでも、
最もハードルが低いとされているのが任意整理です。

以下では、そんな任意整理について
詳しくご紹介していきます。

1.裁判所を介さない債務整理

任意整理が他の債務整理と違う最大のポイントは、
唯一裁判所を介さず債務の整理を行うことが
できるということにあります。

つまり、任意整理は主に弁護士(少額の場合は司法書士でも可)
に依頼し、債権者との交渉を図ってもらい、
債務を軽減する方法ということになります。

当然ながら裁判所を介す場合には、
さまざまな書類や資料の作成用意が必要となります。

任意整理であれば、必要最小限の準備で
素早く債務整理が行えることが大きな魅力です。

2.利用するための制限が存在しない

自己破産をはじめ個人再生など、
他の債務整理は利用するためにさまざまな条件を満たす必要があり、
誰でも利用できるというわけではありません。

一方、任意整理というのは、
あくまで弁護士等との個人的な契約に過ぎませんから、
契約さえ結ぶことができれば、利用における制限は存在しません。

なので、自身の債務額や収入などを気にせず利用できる、
大変便利な債務整理の方法と言えます。

債務整理で人気となっている任意整理とは

saimuseiri09
消費者金融やクレジットカード会社、
そして、銀行系のカードローン会社などから、
キャッシングやカードローンをしてお金を借りる。

多重債務状態となって、返済が自力で行えない状態に陥ってしまい、
自転車操業状態でお金を毎月返済するも、
とうとう返済不能になってしまった。

などというケースは、現在の日本において
珍しいケースではありません。

上記の様な多重債務から債務整理を行う場合に、
人気がある債務整理方法となっているのが
任意整理です。

まずは、弁護士や司法書士などの
法律の専門家に依頼します。

債務者が借りている借り入れ先である、
消費者金融やクレジットカード会社、
そして、銀行系カードローン会社と直接交渉を行います。

借金の減額や利息の減率、
毎月の返済額の減額などを求める手段です。

任意整理が、他の債務整理方法である特定調停や個人再生、
そして、自己破産などの債務整理方法と違う点は
次のようなものになります。

「弁護士や司法書士などの法律の専門家を必要とし、
なおかつ裁判所を介さない唯一の債務整理方法」
であるという点です。

任意整理は、債務者と消費者金融やクレジットカード会社、
そして、銀行系カードローン会社の間に
弁護士や司法書士などの法律の専門家が入ります。

債務者の借金の利息の減率や元金の減額、
毎月の支払額の減額などを求める債務整理方法です。

消費者金融などの金融業者は、
通常債務者個人が任意整理と同じ希望を伝えたとしても、
まともに対応してくれるケースはほぼ皆無です。

その為、法律の専門家である、弁護司や司法書士に
任意整理を依頼する必要があります。

債務整理の種類とその方法とは?

saimuseiri04借りては返すの自転車操業で膨れ上がった借金を整理し、
借金を減らすためのチャンスを掴むために行うのが「債務整理」です。

債務整理には大きく分けて、
「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つの方法があり、
借金の額などによって整理方法も異なってきます。

●任意整理

借金を返済する気持ちはあるけど、全額の返済は難しい場合には、
任意による借金の整理、債権者と債務者が話し合うことで
借金を軽くすることができる方法です。

裁判所という公的機関を通さず、
借金を整理し、月々の利息や支払額の軽減を
話し合いで交渉し、借金を減らします。

ほとんどの場合、債権者の話し合いは、
弁護士や司法書士に委任する形になります。

●民事再生

自宅を手放すことなく、借金を整理したい場合には、
民事再生が有効です。

継続した収入が見込める方や、
住宅ローン以外の借金が5千万円以下の場合には、
手続きもそう難しくない「小規模民事再生」に該当します。

簡単な手続きで借金を整理することができます。

住宅ローン以外の借金を除く、借金の5分の1を平均として
3年以内に返済してしまう方法で、借金がかなり圧縮されます。

●自己破産

一番有名な債務整理方法ですが、
もう自分では返済できないほどの債務を自己破産することで、
免責してしまう方法です。

自宅や株・土地・貴金属・車などの資産類は、
全部手放すことになりますが、
今までの借金の苦労からは解放されます。

裁判所に破産申し立てを行うことで
借金は免責されますが、そのために弁護士などに支払う費用などで
平均30万円程度の金額がかかります。

連帯保証人の借金は帳消しにはなりませんので、
手続きをする前には十分に考える必要があります。

任意整理である程度解決出来ることもある

saimuseiri05
債務整理は大きなこととなるため、
失敗をすることは絶対にできませんので、
一番簡単な方法から模索していくこととなります。

債務整理の中で一番簡単だと言われているのが、
任意整理となります。

任意整理は、現在の金利が正しい水準かを判断して、
利息を減らしますので、本来支払うべき金額に落とすことが
出来るのです。

この方法によって減額されるのは、
ほんの少しだけとなります。

そのため、多くの金額を減らしたいのであれば、
他の方法をとることとなります。

任意整理は一番簡単な方法で、
すぐに実行できる債務整理です。

弁護士の方に協力して貰い、減額を行えるように
手続きをしておきます。

そして手続きを行って、債権者側に
任意整理を行う旨を伝えておきます。

これで一応任意整理が可能となり、
減額された状態で返済を進めます。

返済については期限が決められており、
それよりも早めに返済を終えることになります。

期間を過ぎる場合は、最後に一括返済を行うしかなく、
いきなり厳しくなります。

任意整理は、債権者側が通知された時点で
取り立てが無くなるメリットもあります。

もし、借金の返済で困っているなら、とりあえず
任意整理から始めるのもいい方法です。

ただ、減額される金額が小さいことと、
返済期限が決められている点には注意してください。

そして弁護士を利用する場合は、報酬を支払うこととなり
金銭的な負担が増えます。

一番簡単な方法ですが、その分だけ残る金額も
多い点は把握しなければなりません。

債務整理をするなら任意整理がいいのでしょうか

saimuseiri02
「債務整理をするなら任意整理がいいのでしょうか?」
と相談を受けたことがあります。

その人は借金に苦しんでいて、
自殺や夜逃げまで考えていたそうなのですが、
債務整理という方法があることを知りました。

ご自身で調べたところ、任意整理で
債務整理をするのがいいのではないかと
感じたのだそうです。

債務整理は、過払い金返還請求、自己破産、
個人再生手続き、任意整理というものが主な方法です。

任意整理がいいと考えたのは、
次のようなことを知ったからでした。

まず、任意整理の場合、弁護士や司法書士が裁判所を
通すことなく消費者金融などの貸金業者と交渉をしてくれるので、
自分の負担が少ないと考えたようです。

また、任意整理ならば、
周りの人に知られることがないと聞き、
それも大きな理由になっていました。

そして、任意整理の手続きを弁護士や司法書士が
開始することで、自分への督促が止まること
大きなプラス材料になっているようでした。

借金の督促は、気が滅入ることの
一つですからね。

さらに、任意整理をすると将来利息が
掛からないということを調べていました。

他にもいろいろと調べていて、
任意整理であれば、官報に掲載されることがないということや、
就職や資格のときに制限されないことなども話していました。

任意整理の心配ごとも考えていて、ブラックリストに
5年は入ってしまうということも言っていました。

新たな借り入れなんてするわけがないし、
カードもローンも考えていないから大丈夫という話でした。

任意整理は債務整理の中でも一番簡易に借金解決できる手段です

saimuseiri10
任意整理は、破産宣告や個人再生のように
裁判所を仲介しない借金解決の方法で、債務整理の中でも、
デメリットを被るのが一番少ない手段でもあります。

任意整理の特徴は、借金返済が滞った債務者、
又は代理の弁護士・司法書士が、
借入先の貸金業者と直接交渉します。

借入当時の利息カットと元本の減額を求め、
月々マイペースに返済していけるよう、
約3年の分割払いに緩和する方法です。

また、任意整理は破産宣告とは違って、
借金の返済義務はそのまま負っていく事になるので、
定期収入がある人しか適用されない債務整理になります。

他にも任意整理するのに相応しい人というのは、
貸金業法が大きく改正される前に、高い上限金利で
借入返済していた履歴がある人です。

2010年以前から、消費者金融や信販系のキャッシング業者で
債務を抱えていた場合は、今の利息制限法に当時の金利を引き直す事で、
返すべき元金が減ったり、過払金が生じる可能性があります。

更に任意整理は、借金問題に強い弁護士や
司法書士に依頼する
事で、貸金業者からの度重なる
返済の督促もストップさせる事もできます。

債務者にとって、精神的な不安を取り除ける
前向きな借金解決法と言えます。

任意整理を弁護士に依頼する時の費用は、
借入業者1社ごとに見積もる形式になり、
抱えているローンを全て整理する必要がありません。

また、法律事務所によっては、減額金額に応じた
報酬金が上乗せされて請求される事もあります。

直ぐに資金を用意できなくても、分割払いや後払いなどで
依頼者の事情を考えて支払い方法も考慮してくれます。

任意整理は、個人再生や破産宣告のように
大切な資産を差し出す事なく、唯一裁判所外で
借金を解決できるのが最大のメリット

1人で悩んでいる人は、法律事務所の無料相談に早く訪れて、
弁護士から適切なアドバイスを受けるのがベストな選択です。